REBOOT

終わることもあれば始まることもまたあるわけで。自分の個がしっかりしてて、諦めが悪かったらまだゲームセットではないのですよ!そして人生は続いていくわけで。今日を生き抜かなきゃ明日が見えてこないんで。五里霧中なのか絶体絶命なのか?僕の人生は八方塞がりといった方が適切であるんだけど、それでもまだ生きているわけで。

いつも、月の最終週は地獄の支払い強化週間だったりするんだけど、そろそろ真顔でこんな生活を軌道修正しようと思い、本日よりブログを書き始めることにしました。

ブログのタイトルは昔むかしと変わらずの「無職みたいな青年実業家」でいきます!もちろん、あの頃は青年実業家と呼ばれる世代でしたし、現在は間違いなく青年実業家と呼ばれる年齢でもないのは承知していますが、今日のタイトル「REBOOT」にあるように再起動すべくこのブログから発信していこうと決めました。

漫画、島耕作のように課長島耕作から始まって相談役島耕作になるような展開は僕のブログでは想定さえしてなかったし、ずっと昔に合資会社を創って今に至る…みたいな感じだし(従業員は僕ひとりだけなんですけどねw)。端からてっぺんに逝ってしまったんで、島耕作のような出世していくというストーリーはないんだけどね。ただ生き様っていうのかな。日々を生きていたら生きてる分だけネタって(島耕作とは真逆だけど)あると思っているので。書くことには難儀はしないと思います。

あー、島耕作と比べようとして書き始めたわけじゃないんだけどなw(雲泥の差がありますし)

ここで非常に簡単で恐縮してしまうレベルではありますが当ブログの説明をしてみたいと思います。逝ってみれば超弱小零細法人に所属する売れない芸人がひとりいると思ってください。事務所のチカラ(看板)なんてありません。毎月の支払いにすら困窮を極めているような状況です。どうやったら売れるのかな…と。まずはブログをやってみよう!そこから始めます。

ただリセットはしません。今ある状況を受け容れてどうすれば改善できるか?その過程を書くだけでも記事になるわけだし、思ったことを発信できる場所があるというだけで強いと思うんだよね。謂うならばオフィシャルブログっていうのかな?まー、アメブロとかLINEブログの公式アカウントになれる実力は持ち合わせていないので、自力で自分のオフィシャルなブログと言ってるだけなんですけどねw

例えば吉本芸人が給料をピンハネされてる。状況を改善しろ!みたいに言ってるけど、お前ら吉本の看板があるからこそなんとかなっているんだよ…と。嫌ならさっさと辞めて他の事務所に移籍(もしくは独立)すればいいだけなのにね。一般の会社でもそうなんだけど会社の不平しか言わないのなら転職すればいいだけなのにね。文句に対し同調の声が大きくなると流れに乗ったと勘違いするのかな?うちの会社の場合、僕と会社は雇用関係に非ずなので休みが少なくても、また長時間労働を強いられても労働基準法には抵触しませんw

ここだけを抜き取ればブラック企業だと言われてもおかしくはないんだろうけど、給料は儲かれば青天井になるわけだからね。ずっと儲かってないとそこを錯覚してしまうんよね。要は売れるように頑張れよ!って話です。会社の名前で仕事が割り振られるのを待ってるだけなの?小さい仕事でも自分で取って来いよ!って思うのです。それの民間版が当ブログだったりします。(うーむ、わかりにくいかな?)

ぶっちゃけ、ドラマみたいなサクセスストーリーではないんですよ。今あるリアルなストーリーと言えばいいのかな。もちろん動画の生配信の方が速効性もあるし、簡易だし時代は動画に流れていってるんだと思いますよ。ただ僕は文字の世界が好きなわけで。ブログはオワコンと言いながら、ブログを書くなんてしたくはないですしねw

メインコンテンツ

非常識な日常をブログに書いています。単純に言うと節約とかは心がけてはいないけど、倹約は身に染みついてるというか。そんな46歳(2019年9月21日現在)の日々の出来事を記事にしています。ざっくりと言えば、日曜夕方に放送している「あ、安部礼司」みたいな感覚です。

サブコンテンツ

当ブログ以外でもブログを運営していく(予定な)んで、そのお知らせ的コンテンツ。芸能人で言えば「今日テレビで放送します」とか「ラジオに出演します」って告知をしていきます。言い換えれば、記事の水増しと言われると当らずしも遠からずみたいなコンテンツです。

簡単に言っちゃうとこれだけなのですが、随所に小手先の戦術を鏤めていきますし。たちまち継続して書いていかないと絵に描いた餅になると言うか、クソコンサルの戯言と大差がなくなっちゃうんでまずは更新していけるように頑張っていきます。

(つまりは戦略なき再起動…)

崖っぷちでコサックダンスを踊り続けるのには疲れたんですよ。足を踏み外すと崖の下に落ちるのに余裕ぶっこいでるのもよくないわけですよwもう疲弊しまくって足も痙りそうなのですよ。逆にそんな生活を過ごせてきてるからというか、体験してきたわけで。そこいらの人達とはレヴェルが違うわけですよ!外道はオカダ・カズチカを裏切ってクソ汚れだと思うんですよ。

知見はもちろん大事なことなんだけど、経験したことってすごく大切だなって思うんですよね。

下から上を見る世界と、上から下を見る世界では景色が違うのは当然で。でもその景色はどちらも本物なんだよね。自分がボランティアが必要なのに、よそのボランティアを買って出てるなんて本当は本末転倒なんだよね。まずは自分が平民にアップデートして、今までの経験値を武器に、見える景色を変えていきます。あっ、すっごく壮大なことは書いてませんw

とりあえず、まずはお昼ごはんを食べなくっちゃ!どうかよろしくお願いします。