ふざけんなと思った昨日の出来事(まだ現在進行形)

僕はLINE@がサービスを開始した頃にプレミアムIDを取得してたんですよね。2015年2月17日のことです。もう随分昔ですね。懐かしいですね。ほとんど利用してないにも関わらずお布施のように毎年上納しておりました。今年の春からサービス改定になるLINE@なんですが、まだ冬なんで1年に1回、引き落としになるわけです。更新料の金額は年額1,296円(税込)

僕の場合は2月に契約してたんで2月1日~翌年1月31日が有効期限になっているんだけどね。1月末の時点できちんと引き落とし先のカード番号を変更したんですよね。だいたいカードの決済って日付が変わった0:00とか深夜未明に決済されているわけですよ。朝、起きたらチャリンと決済されているわけです。

2月1日10:37


昨日(1日)の朝、起きてLINE@ビジネスストアにログインすると更新はされてたんですよね。ほっとひと安心して、午前中は急な案件の対応でバタバタしてたんでLINE@のことは解決済だと思って作業してました。

2月1日11:02

ピコンってLINEの通知音が鳴って。そしたらこんなのが着てて。え?えっ?えー!!!!ってなって。

いやいやいやいや、ちょ!待てよ!!こうならないようにカードの番号を変更したわけだし、裏面の3桁の数字も入力したわけだし。カード番号の入力間違えとかあったらエラーを吐くでしょ?一体どういうことだよ?…この時間はこれと並行して他の作業もしていたんだけどLINEにも問い合わせを出しました(自動返信メールが届いたのが1日11:25)

今日(2日)返事来ず…

予め返事は遅いですよ!って公言しているLINEさんなので返事が来なくても不思議じゃないし、そういう会社なんだと思っておけばいいわけですが、プレミアムIDは他の誰かに取得されたらそこで終わりなので。なので検証の意味も込めて、弾かれたカード番号で購入(契約)ができるか試してみたんですよね。

2日12:10


いや、普通に通ってるし!(ちなみにLINEウォレットと表示されてますが[詳細を確認]をクリックするとカード番号下4桁と種別が表示されています)

つまり、更新料を人より2倍払っただけでフィニッシュ…なのか?

とりあえずはプレミアムIDを継続はできたわけですが、僕にとっては非常に後味が悪い展開なわけで。例えばこのカード番号が弾かれて契約できなかったのならまだ納得するんだよ!LINE@の支払い方法の登録画面がザルでカード認証してないって露呈されるからいいんですよ。それで決済時に引き落とし出来ないから自動解約って流れならわかるんですよ。

ただそれだと1日10:37に見た有効期限ってのはなんだったのか?有効期限:~2020.01.31ってなってたのは通常時でも起こりえるレベルの作りなのか?そういう仕様って言ってもらえればLINEほどの立派なIT企業でもそうなんだねって納得しますよ!(スクショ撮っておいて良かったなって思うレベルだし)

いつの時点かは定かではないんだけどLINEの登録者って2億人くらいいるらしいので、いろんな問い合わせで順番を待たないといけないのもわかりますし。ただ、テンプレートみたいな回答文に返信して、その回答をいただくのにまた1週間とかかかるのはツラいんで!(穿った見方をすれば諦めさせる有効なやり方なのかも知れませんがw)

こちらの落ち度で失効してたのなら何の文句もないんですけどね。仕方なくでも倍額を支払ってでも使い続けると思うんですよ!でもLINEの方の落ち度で1,296円多く掠め取られてるのは納得できるとかって話でもないんで。言うなればみんなは1,296円でいい所を、僕だけ2,592円払わないとダメやで!って言われているのと同じなわけで。

春からはLINE@もサービス改定にもなりますし、その時になれば初年度からでも1,296円でよくなるみたいですし。今月はまだ2月なんで、ただただタイミングが悪かったんですかね。8月くらいだったら速攻で再取得して「よかったー!」って安堵してたかも知れませんね。そういうことかも知れませんね。別にごねてどうこうしようとも思ってませんし、ただ機械的なミスならば1,296円返却するか、(返金対応が無理ならば)有効期限をもう1年伸ばしてください!